低用量ピル

HOME | 診療について | 低用量ピル

低用量ピルとは

低用量ピルには卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2つの女性ホルモンが含まれています。
これが下垂体に作用してFSHとLHの分泌を抑制します。これにより卵胞の成熟が抑えられ、卵胞ホルモン・黄体ホルモンの分泌も抑えられ、その結果排卵が起こらなくなります。また、子宮内膜の増殖を抑え、受精卵が着床しにくい状態にしたり、子宮頸管粘液に変化を及ぼし、精子の子宮への侵入を制する効果などもあります。
 
また、低用量ピルには下記のような副効用(避妊以外での効果)がある事が知られており、現在服用希望者が増加してきているとのデータもあります。低用量ピルは以下の病気を予防したり、治療したりする事ができます。
 

月経困難症  過多月経  子宮内膜症  貧血  良性乳房疾患  子宮外妊娠 機能性卵巣嚢胞  良性卵巣腫瘍  子宮体癌  卵巣癌  大腸癌  骨粗しょう症 にきび  関節リュウマチ(日本婦人科学会「低用量経口避妊薬の使用に関するガイドライン」より)

 
当院では、避妊目的としての処方及び女性のQQL(Quality Of Life)の向上に欠かせないものとしての処方も積極的に行っております。お気軽にお申し出ください。