中絶手術

HOME | 診療について | 中絶手術

妊娠中絶に対する当クリニックの考え方

当クリニックでは、ピルを始めとした各種避妊方法を積極的に外来にて患者様に進めておりますが、様々な事情により妊娠の継続が困難な方に母体保護法に基づいた安全で痛みの無い手術を行っております。プライバシーに配慮し、丁寧な説明を心掛けておりますので妊娠継続を悩んでいらっしゃる方は先ずはお電話で一度ご相談ください。
 

「中絶」のご相談・受付

聖ローズクリニックタワーズ分院 045−828−6034 

中絶費用について

金額につきましては、患者様の妊娠週数や状況に応じて変わりますので、初診の診療後にご説明させていただきます。¥100,000〜となっております。
 

お支払い方法について

各種クレジットカード会社のご使用が可能です。診療受付の際にお申し付けください。
JCB
VISA
MasterCard
AmericanExpress
UC
card

妊娠中絶手術の流れ

 

(1)電話予約

人工妊娠中絶をご希望の場合、まずはお電話で診察のご予約をお願い致します。

診察当日

(2)受付

受付・問診表の記入を行います。※保険診療となる場合がございますので、念のため保険証をご持参ください。

(3)診察及び内診

尿検査にて妊娠を確認、超音波検査にて、正確な週数を出します。

(4)手術手続き

診察室で手術日を決めます。(手術は後日となります)費用の提示、手術前日・当日の説明を行います。

(5)手術前検査

採血を行います。

(6)ご精算

受付で精算後、お帰りいただけます。

手術前日

(7)手術前日診察

内診等を行います。また、手術がしやすいようにラミセル(子宮口に入れるとスポンジ状にやわらかくなり、子宮口を広げます)を挿入します。

(8)手続き

診察室で、手続きを行います。手術費や書類をお預かりします。

手術当日

(9)ご案内

看護師がお部屋へご案内します。

(10)リラックス

お部屋でリラックス効果のある注射を受けて頂き、不安な気持ちを取り除きます。うとうとした状態でお待ち頂きます。

(11)手術

当院にて研究した無痛麻酔を使用するため、手術中の痛みはありません。眠っている状態です。

(12)休息

手術後の経過を診るため1時間半から2時間お部屋で休みます。

(13)手術後診察

手術後内診等で診察をします。

(14)ご帰宅

その日のうちにお帰りになれます。(日帰り手術)

後日の診療

(15)約1日後

経膣超音波で、手術後の子宮内の状態を観察します。

(16)約7日後

経膣超音波で、手術後の子宮内の状態を観察します。

妊娠中絶手術の実際

手術前日・・・・・ラミセルを手術前日に挿入します。ラミセルとは、3〜5㎜のスポンジ状のもので、ゆっくりと痛みなく子宮口を広げます。(但し、挿入時に多少の痛みがある場合があります)
 
手術当日・・・・・ラミセルを抜去します。
 
8週0日未満の場合の吸引法
A・・・・吸引機を子宮内に挿入し安全に胎のうを吸い出します。
B・・・・子宮内に残留物がないかどうか専門の器具(キュレット)で確認します。
 
8週0日以降の掻爬法(curettage)
A・・・・専門の器具(胎盤鉗子)で子宮内の胎のうを少しづつ取り除きます。
B・・・・子宮内に残留物がないかどうか専用の器具(キュレット)で確認します。
 
子宮内に残留物がなく、綺麗な状態になれば手術は終了です。