ソープ

ソープに初めて行く時に知っておきたい予約電話や支払い方法!童貞が注意すべきコト

日本にある合法の風俗の中でも、頂点に君臨する風俗サービス店がソープランドです。

ヘルス、ピンサロ、性感マッサージなどなど数ある風俗店の中でも、最も高い料金とそれに伴う濃厚なサービスであるソープランド。

風俗に入ったことがあるけど、ソープランドには行ったことがないという男性もいるかもしれませんね。

そこで、今回の記事では風俗の帝王とも呼べるソープランドとは、いったいどういった風俗なのか?

他の風俗サービスとの違いや、利用するにあたってどのような流れでいくらくらい料金が総額でかかるのか?

などについてまとめてみたいともいます。

ソープランドとは?

そもそも、ソープランドとは一体何なのでしょうか?

風俗の種類とソープ

日本では風俗業を経営するには、許可制の業種と申請制の業種があります。

夜の街と聞けば、性風俗と共にイメージが湧く飲み屋さん、いわゆるキャバクラや高級クラブ、ホストクラブなども風俗営業許可が必要な業種となります。

令和元年時点で、日本のソープランドは1222店あります。

ソープランドの定義や種類は?

ソープランドとは、上記に挙げられた性風俗店の中でも特殊な業種です。

それは、SEXができるかできないか?という点で語られるためです。基本的に、日本の法律では風俗店でSEXすることは禁止とされています。

しかし、ソープランドでは「暗黙の了解」でSEXができることが許されています。

他の風俗では、基本的にSEXはサービスの内容に含まれていません。

ソープのみが、SEX(本番行為)が前提としてサービスに含まれているのです。

法律上ではソープランドでもSEX、本番行為はNGなのですが、実際に取り締まられることはほぼないのです。

ソープランドは、日本でも限られた場所でしか営業が許可されていません。

あくまで、男性とコンパニオンの女性が一緒にお風呂に入ることができる風俗店という括りで、その過程で二人が恋愛感情を持って肉体関係を持ったという流れであり、お店のサービスではないのです。

そのため、下記でも書いていますが料金が入浴料とサービス料に分かれていて、入浴料はお店に支払い、サービス料はコンパニオンの女性に直接支払うというのが昔ながらのソープの習わしです。※近年では、お店によっては総額をフロントで支払うお店が増えてきています。

札幌のすすきの、東京の吉原、神奈川の川崎、横浜、岐阜の金津園、滋賀の雄琴、神戸の福原、福岡の中洲、熊本などが有名なソープランド街ですね。

 

ソープランドの料金総額は?

ソープランドを利用する際に、当然利用者として一番気になるのが料金ですよね?

昔ながらのソープランドでは、未だに公式のホームページでも料金に総額の表示がない場合も多々あります。

ホームページの料金のページを見て、入浴料としか書かれていない場合はさらにサービス料が掛かりますのでご注意ください。

ソープランドを利用する際に掛かる料金は、

入浴料サービス料

この2種類の料金が掛かります。

これらの総額を基本料金とし、割引サービスがあったり指名料が掛かったりで料金が多少変動します。

最近のお店や、吉原以外の地域のお店などは総額で表示しているお店もあります。

総額

と書かれていれば、入浴料とサービス料コミの料金だと考えてもらって大丈夫です。

ソープランドの価格帯

ソープランドの総額の料金は、ピンからキリまでありますが最高級のお店で3時間10万以上。

最安値のお店で、タイムサービスなどを利用すれば40分1万円くらいからあります。

価格帯別で、大きく4つに分けられます

  • 格安店  :総額2万円以下
  • 一般大衆店:総額2万〜5万
  • 高級店  :総額5万〜8万円
  • 最高級店 :総額8万円以上

高級店以上になると、基本プレー時間が120分以上など1パターンしかないこともあります。

安いお店では、時間が短い分だけ料金も抑えられていることがあります。時間が短いとマットプレーがなく、ベッドのみということもあります。

 

最高級店クラスのお店は、日本に数店しかありません。

吉原の将軍、熊本のブルーシャトーなど、芸能界や政財界も利用するような超高級店です。それだけあって、セキュリティや女性のレベルは非常に高いです。

しかし、だからと言って高級店や一般大衆店とそんなに違うのか?というと、女性の年齢や設備なども含まれるので無理していく必要もないのかなという気もします。

ただ、男としては一度は経験して見たいものですよねw

ソープランドに関する専門用語

NN、NS、S着、0.00mm、0ミリ

今のソープランドでは、SEX(本番)をする際にコンドーム(スキン)をつけるのが必須なS着店と生でもプレイ可能なソープランドがあります。

  • S着:スキン着用=コンドームをつける
  • NS:ノースキン=生でOK
  • NN:生中出し=フィニッシュも中でOK
  • 0.00mm、0ミリ:コンドームやスキンの厚みがない=生でOK

生でOKなお店であっても、最後のフィニッシュは外の場合や中に出してもOKのお店など様々です。

ここに関しては、女性に確認した方が良いでしょう。

基本的に、生でもOKとしているお店の女性はピルを飲んでいるなどの理由から、生でもOKとしているため中出しでも良いと言われるケースが多いです。

 

また、お店として生でSEX(本番)できることをウリにしているお店もありますし、ソープ嬢が個人で生でヤルことを許しているというお店もあります。

  • S着店(生、ゴムなしではできないお店)
  • 生OK店(生でもOKな嬢が多くおり、別料金やコースで案内しているお店)
  • 混在店(ホームページなどには記載しておらず、嬢が個別に対応しているお店)

最も古い遊郭の一つでもある吉原のソープランドでは、以前は生が基本でしたが昨今の性病やエイズなどのリスクからコンドームを着用するお店が増えてきています。

もし、ソープ嬢がお客さんからエイズを移されていたら・・・と考えると怖いので、生でのプレイを希望する場合には、必ずお店が性病検査やHIV検査をしているお店を選ぶようにしましょう。

それでも、100%防げるとは言い切れません!

即尺、即即

即尺とは、女性とプレイルームに入りしなすぐにフェラをしてくれるサービスのことです。

通常、風俗では女性と対面して簡単な挨拶や世間話も挟むことが多いですが、そういった煩わしい手間を省いて、シャワーを浴びる前にすぐフェラがスタートされるというサービスです。

時間の短縮や、シャワー浴びてキレイにする前のチンコを舐めさせることに快楽を感じる男性には喜ばれるサービスですw

即即とは、即尺してそのまま挿入までもすぐにSEX(本番)スタートするサービスです。

まるでAVのような風俗でしか考えられない、体験できないことだと思いますので過激でエロい体験をして見たい方はぜひチャレンジして見てください!

ソープランドを利用するときの流れ

実際にソープランドへ行くことを決めたのであれば、あとはお店とプレーしてもらう女性を選びましょう。

ソープランドを選ぶ

ソープランドは、料金の箇所でも書いたように格安店から高級店まで幅広くあります。

無理に背伸びする必要はないですが、ちょっと頑張って自分の予算内でできるだけ良いお店に行くことをお勧めします。

一番最初の風俗経験が、全く好みじゃない女性だったらちょっと悲しいですしね。

ソープランドと一言に言っても、ノーマルなソープからちょっと変わったお店まであります。

初心者は変にコンセプトがある特殊なお店ではなく、ノーマルなスタンダードなソープランドがお勧めです。

ソープランドを予約する

写真氏名・本指名 指名の種類とフリー

風俗店を利用する際に、ホームページに記載されている氏名の種類について説明します。

  • フリー:女性を指名しない
  • 写真指名:ホームページやお店の準備した写真だけを見て指名する
  • 本指名:実際にプレーしてもらったことがある女性を指名する(リピート)

 

まず、ほとんどの風俗店では、女性を指名する場合には指名料が掛かります。

指名せずに、時間だけを指定してどんな女性についてもらうのかをお店に委ねる場合には、フリーでの予約となります。

フリーであれば、どんな女性が来るかわかりませんが指名料がかからないため、料金を少しでも安く済ませたい方はフリーで入ることもあるかもしれません。

よっぽど、女性のレベルが高いと分かっている場合や、出勤している女性のメンバーがわかっていてその中なら誰でもいいという場合以外は、指名することをお勧めします。

その理由として基本的に、人気がある風俗嬢や風俗店では、指名で枠が埋まってしまうためです。

つまり、フリーで入って入れる女性ということは、予約で埋まらない子や人気のない子が当てられる可能性が高いためです。

たまたま予約がキャンセルになって空きがある、予約の少ない時間帯や曜日である。そういったケース以外では予約をして指名することをお勧めします。

特に、初めてソープランドへ行くのであれば、絶対に失敗したくありませんよね!

私も、あなたに失敗して欲しくないw

指名料とはいえ、たかだか1,000円くらいです。

1,000円を惜しんで、ブスとセックスするのと1,000円多く支払って自分好みの女の子とセックスするなら、払うでしょ?w

風俗初心者は、きちんと事前にチェックして指名してお店を利用するべきです。

利用される女性側からしても、指名されて来てもらった方が嬉しいですよね。気持ちながらも、張り切り具合が変わってきますよね!

フリーで誰でも良い子に来たお客さんかどうかは、女性もわかりますからね。

下調べして、プロフィールの写真や写メ日記など見てカワイイと思って来た。と言われた方が、女性もきっと嬉しいですよね。

それが、童貞で筆下ろしなんてことになれば、きっと張り切ってくれるでしょうw

予約の電話

指名する嬢が決まれば、あとはお店に電話して予約です。

私も風俗初心者の頃は、風俗店に電話するだけでドキドキしたものです。

怖い人が出たらどうしよう・・・

電話番号が流出して、変なところからかかって来たらどうしよう?

などなど

しかし、そんな心配は一切不要です。

堂々と、予約をしたいと電話すれば大丈夫です。

予約の電話で聞かれることは、おおよそ決まっています。

  • 予約したい女性の名前
  • 予約の日時
  • 以前、その女性に入ったことがあるか?
  • 予約の名前(ときに電話番号):本名じゃなくてOK!
  • 当日の何時に確認の電話が必要か

当日予約以外では、基本的に予約時間の1時間前などに確認の電話をかける必要があります。

当日のキャンセルを防ぐためですね。予約だけして、実際に客が来なければその時間は売り上げにならず、お店も嬢も機会損失となってしまいます。

客としては面倒くさいなぁと思いますが、ドタキャンを防ぐお店の工夫なのできっちり電話はしましょう。

電話が指定の時間から大幅に遅れたりすると、キャンセル扱いで他のお客さんの予約を入れられてしまうことがあるので、注意してください。

ソープランドへ行く前にするコト

予約の当日、確認の電話を忘れずにしましょう。

確認の電話を入れる時間を忘れないように、気をつけてください。

また、お店に着いた後にはお風呂に入ることもできますし、歯ブラシやうがい薬などを渡されることもあります。

しかし、最低限のマナーとして、歯磨きはちゃんとしておきましょう。また、その日お店に行く前にニンニクが入った料理などは控えておく方が良いでしょう。

最低限の、女性に対するエチケット、マナーを忘れないようにしましょう。

ソープランドへ入店・利用する

入店の時間

お店の場所をしっかりと把握しておき、予約時間の5分前位〜時間ちょうどを目処に到着しましょう。

お店によっては、事前の説明やアンケートなどがあるお店もあります。

せっかく予約をして時間を指定している場合は、ちょっと早めに行ってそういった作業を済ませておく方が気持ち的にも楽でしょう。

時間に遅れて行き、アンケートなどでも時間を取られてしまうと、せっかくのプレー時間がその分短縮されてしまうこともあり得ます。

もったいないですよね。

待合室

時間通りに到着しても、ほとんどの場合では待合室でちょっと待たされます。

女性に来客を伝え、最終準備をしてもらってからの案内となることが多いためでしょう。

待たされても、何か変なことではないので10分程度はゆったりと待ちましょう。待合室の形状によっては、同志(他の客)がいることも多々あります。

同じお店に来た同志として、適度な距離感を保ちつつ互いの時間を過ごしましょう。

くれぐれも、じっと見つめたり変な目で見たりしないように気をつけましょうね。

嬢と対面

準備が整ったら、スタッフに呼ばれてようやく案内となります。

お店によっては、待合室出てすぐの場所に嬢が迎えに来ることもあります。

ここで初めて嬢と対面することとなりますが、ジロジロと見たりリアクションをとったりせずに堂々と簡単に挨拶して、嬢の案内について行きましょう。

この場はまだスタッフもいますので、嬢もまだ接客の姿勢が強いです。

高級店となると、三つ指ついての出迎えなどもありますが、一般大衆店だとヘルスなどと同じようにフレンドリーにお迎えに来てくれるお店が多いです。

部屋に行くまでに、手を繋いだり簡単な世間話をすることもありますね。

今から、この女性とSEXするんだと興奮を高めてもいいですねw

部屋に入って

部屋に入ってしまえば、もうその部屋は二人っきりの密室です。

あくまで、紳士らしく慌てていきなり襲ったりしないようにしましょうw

女性はソープ嬢といえど、いろんな男性を相手して来ていますので雑に扱われたり、乱暴にされたりされるのを嫌います。

年上の男性が女性に好まれるのも、ガッついてないからという理由なのもわかるでしょう。

若さが故に、思いを抑えられずに性欲をぶつけるのは、女性にとっては嬉しくないものです。

ソープ嬢だからこそ、丁寧に紳士に接することで相手もきちんとした接客をしてくれますよ。

 

ソープランドでは、プレーの内容にマットプレーとベッドプレーと2つあることがあります。

まず最初はお風呂に入り、そのままマットプレーを楽しんでベッドでのプレーに行くというのがフルコースのサービスとなります。

  • お風呂で体をあっため、潜望鏡(浴槽でのフェラ、パイずりなど)
  • マットでローションプレイ、挿入
  • ベッドで濃厚なセックス

こういった流れであり、高級ソープであれば2回、3回は射精するのが当たり前です。

しかし、好みもあるためマットがないお店も多々あります。

そのため、最初に女性からマットとベッドどちらが良いですか?と聞かれることがあります。

即即のお店や、即尺のお店は流れで聞かれるでしょうが、ちょっとその流れはイレギュラーということでw

 

マットプレーをお願いする場合は、お風呂に入っている間に女性がマットの準備をしなくてはいけません。

そのために、事前に確認しておく必要があるのです。

マットプレーがいわゆる、ローションで全身密着してくれるプレーとなります。

これぞソープの醍醐味ではあるのですが、ローションがあまり好きでない方や攻められるよりもガンガン攻めたいという人はマットを嫌う人もいますね。

初めて行かれる場合は、ぜひ試して見て欲しいものです。

ローションを纏った女性の肌とあんなに密着できることなんて、そうそうないですし風俗のトッププロの技を堪能するにはやはりマットプレーだと言えるでしょう。

もし、童貞の人が行く場合は、先に正直にいった方がいいでしょうね。

変に知ったかぶって、挿入にてこずったりぎこちないとただの下手くそだと思われかねません。

それより、童貞でも選んで来たと正直にいった方が好感度は高いでしょう。

その後のプレーは、基本的に女性に身を任せればOKです。

ガシガシ手マンをしたり、強く噛みすぎないなどを気をつければ、きっと優しく教えてくれるでしょう。

女性の膣の温かさと気持ちよさを十二分に堪能してください。

プレー時間終了

プレーが終わり、時間が終了に近づくと女性から時間だと告げられます。

その時点で、客と接客の関係は儚くも終了です。

あくまで、ソープ嬢は仕事で体を張ってセックスをしているので、決して恋愛感情があるのかも?なんて勘違いをしないように気をつけましょう。

勘違いしたいのは、山々なんですけどねw

お金さえ払えば、またいつでもセックスできます!

お店の外で会おうとか、お店以外で連絡を取ろうなどというとその時点で面倒くさい客です。

何万とそういう客に出会い、断り続けているソープ嬢の身になっても考えて見ましょう。

普段、1回セックスするだけで数万円もらえる美人の女性が、そう簡単にタダでセックスさせるでしょうか?

夢を壊すようなことを書いて申し訳ないですが、夢は夢として楽しむ方が幸せです。

その場でしっかりと感謝を伝え、潔くお店を去る方が相手をしてくれた女性にとっても好印象ですよね!

もし、リピートしたいと思ったのであれば、面倒臭そうな客と印象のいい客ならどちらに熱心にサービスするでしょうか?

そのため、プレー時間内に後悔しないようにしっかりと楽しみましょう。

ソープランドを後にする

プレーが終わり、部屋から出た時点でもうそこは現実の世界です。

おかえりなさいw

スタッフが待ち構えており、帰り路へと案内されるか送迎があるお店であれば再び待機室で待つこととなります。

アンケートなどを求められるお店もあるかもしれません。

よほど女性に不満があった場合以外は、しっかりとよかった点を伝えて女性に還元されるように貢献しましょう。

 

 

こちらもオススメ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です